NEWS

2022.04.10

地方回帰 女性なお慎重 男性は「東京転出超」 働きやすさで差

人口動態で男女の違いが鮮明になっている。全国から人を吸い寄せ続けてきた東京都は2021年、男性だけみれば25年ぶりに流出する人が多くなった。女性はなお流入が勝る。女性が大都市に集まりがちな傾向は、性別による暮らしやすさの差が地方社会に根強く残ることを映す。男女を問わず希望や能力に応じて多様なキャリアを実現できる環境を整えなければ地域経済の活性化はおぼつかない。

2022.04.10

企業、海外往来そろり再開 独ボッシュや楽天、幹部や従業員来日へ 入国制限1万人に

新型コロナウイルスの水際対策による入国者数上限が10日、1日あたり1万人に引き上げられる。独ボッシュなど日本に拠点を持つ外資企業で外国人社員の入国が始まるなど海外との往来が再開し始めている。日本人の渡航も感染症危険情報が多くの国で緩和されたものの、足元で新規感染者数が再び増えるなか海外出張の再開に慎重な日本企業は多い。

2022.04.10

百貨店、ようやく慣行修正 帳票共通化/納品時間を柔軟に 取引先の業務負担軽減

百貨店各社が業界独自の慣行を見直す。各社で異なっていた納品依頼の伝票類を2023年度から標準化し、百貨店ごとの専用値札も2025年度までに全廃する。夜間の検品作業が必要だった慣習もやめる。小売業では人手不足や消費市場の頭打ちを背景に取引先も巻き込んだ業務効率化が進むが、百貨店は遅れていた。「ムリ・ムダ」な業務をなくして納入業者の負担軽減につなげ、将来的な取引条件の改善も期待する。

2022.04.09

指かざし接種証明・決済 日立、事前登録でスマホ不要 店舗や宿泊施設向け

日立製作所は指を専用端末にかざすだけで、ワクチンの接種証明やクレジットカード決済などを一度でできる個人認証システムを開発した。利用者はスマートフォンや証明書、カードを持ち歩かなくてもよくなり、店舗や宿泊施設といった事業者は煩雑な作業を減らせる。2022年度内に宿泊施設や小売店向けにシステム販売を始める。

2022.04.09

孤独感「ある」4割 コロナ禍、20~30代で多く 政府初調査

政府は8日、新型コロナウイルス禍で深刻化している孤独・孤立問題を巡り、2万人を対象にした初の全国実態調査の結果を公表した。孤独感が「ある」と答えた人は約4割で、高齢者より20代と30代の方が多かった。

2022.04.09

街角景気、3カ月ぶり改善 3月10ポイント上昇、資源高に懸念も

内閣府が8日発表した3月の景気ウオッチャー調査(街角景気)は現状判断指数(DI、季節調整値)が前月比10.1ポイント上昇の47.8だった。改善は3カ月ぶり。新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置が解除され、消費回復への期待が広がった。ロシアによるウクライナ侵攻を受けた資源価格の高騰などへの懸念も聞かれた。

2022.04.08

EC、あえて「ゆっくり宅配」 送料安く、物流に優しく メルカリ、速さ競争に一石

メルカリが数日遅い配達を選べば送料を安くする「ゆっくり宅配」に乗り出す。米アマゾン・ドット・コムなどが導入している手法だ。日本の宅配便の取扱数は年間50億個に迫り、運び手が足りない「宅配クライシス」が深刻化している。配達日程に幅があれば、余裕のある日に荷物を回せる。速さを競ってきたEC(電子商取引)業界に一石を投じる方針転換だ。

2022.04.08

岐路の航空(下)IT・自動車がライバル 近距離市場、異業種も参入

2022年2月、ドイツ西部のヴェーツェ空港を拠点にベルリンやミュンヘンへの定期便が初めて就航した。出張や観光需要に合わせ週4便程度を運航する。サービスを提供するのは20年に創業したスタートアップ、グリーンエアラインズだ。

2022.04.08

米IT大手、得意分野奪い合い グーグル、新ECサービス アマゾン、広告市場で攻勢

【シリコンバレー=奥平和行】米IT(情報技術)大手が互いの得意領域で事業を拡大する「相互侵食」の動きが広がっている。インターネット広告大手のグーグルは、電子商取引(EC)に関連する新サービスを7日に始めた。EC最大手のアマゾン・ドット・コムは広告で存在感を高めている。ただ、欧州などでIT大手の独走に歯止めをかけようとする流れが強まり、逆風となる恐れもある。

2022.04.08

革新材料、AIが性能予測 量子技術も活用 住友化学、開発時間10分の1 経験頼みから脱却

人工知能(AI)や量子技術を駆使し、新素材を開発する取り組みが実用段階に入った。日本ゼオンと産業技術総合研究所などは、蓄電池の大容量化などに有用な炭素材料の性能をAIで高精度に予測した。三菱ケミカルなどは発光材料の電子などの状態を量子コンピューターで再現した。熟練研究者の経験に頼らず開発でき、脱炭素社会の実現などに役立つ。

2022.04.08

座るだけで心臓病発見 広島大、スマートイス開発

広島大学は自動車シートの金型などを開発するデルタツーリング(広島市)などと共同で、心臓の振動を測定するセンサーを開発した。センサーを埋め込んだ椅子に座ると、背中や腰から心臓の振動を測定でき、手軽に心臓病を発見できる可能性がある。診察所の待合室などに椅子を置き、スクリーニングなどに活用したい考えだ。

2022.04.07

3メガ新卒採用、3分の1に 来春、5年前比 デジタル人材は争奪

三菱UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行が2023年春の新卒採用計画数を今年春から13%少ない計1100人とすることが分かった。店舗の統廃合や事務の効率化を急ピッチで進めてきたことなどを背景に、5年前の約3200人と比べ、およそ3分の1に抑える。各行ともデジタルなど専門人材の採用を強化しており、争奪戦が激しくなりそうだ。

ページトップへ