NEWS

2021.03.27

早期リタイア 大切なのは「自己決定権」

「FIRE」という言葉が流行している。「Financial Independence、Retire Early」の頭文字を取ったもので、若いうちから資産形成を進め、「経済的自立」と「早期退職」を目指す人生戦略のことを指すのだそうだ。FIREは今やちょっとしたブームといってもいいだろう。サラリーマンなら、投資によって十分な資産をこしらえた後、早期に退職して自分の好きなことをやりたいという気持ちは誰にでもあるだろう。

2021.03.26

教員の採用倍率「危険水域」 小学校2.7倍過去最低、質に不安 35人学級で必要数増加

2020年度採用の小学校教員試験の倍率が2.7倍と過去最低を更新した。3倍割れは人材の質を保てないとされる危険水域。尊敬される職業とのイメージが薄れ、過酷な「ブラック職場」と敬遠されている。35人学級の導入で必要な教員数はさらに増える。質が低下すればデジタル技術に対応した教育など新たな試みも危うくなる。

2021.03.26

雇調金、一律支援から転換 5月から経営・感染状況で差 新産業の育成促す

厚生労働省は25日、休業手当を支払う企業を支援する雇用調整助成金(雇調金)の特例措置に関して、5月以降は経営状態や新型コロナウイルスの感染状況で差をつけると発表した。現行特例を一律で適用するのは4月末までにする。必要以上に休業支援が長引くと、経済の構造改革や人材の移動に悪影響を与えると指摘されていた。

2021.03.26

保険営業員の奨励金廃止 明治安田、生保で初 給与・賞与に実績反映、目先の契約主義から転換

明治安田生命保険は保険の契約実績などに応じて営業職員に支給する販売奨励金を廃止する。多くの生保では契約を増やすほど奨励金がもらえる報酬体系となっている。営業職員が目先の契約を追いがちな傾向を改めるため、明治安田生命は2021年度から奨励金を廃止する。廃止は大手では初めてで、営業手法を見直す動きが出てきた。

2021.03.26

保険開発をデジタルで素早く 東京海上、人材7割増 銀座に拠点新設

東京海上ホールディングス(HD)は短期間で検証や改善を繰り返す「アジャイル開発」のための人材を2023年までに7割増やす。21年4月に東京・銀座にデジタル拠点を新設。ここにエンジニアやデータ分析人材など250人を集める。デジタルを活用した保険のビジネスモデルの見直しを進める。

2021.03.26

オムロン、英で遠隔医療 高血圧患者に投薬提案 世界100万人へ展開拡大

オムロンは4月中にも英国で高血圧症患者を対象とした新たな遠隔医療サービスを始める。患者らが自宅で測定した血圧値がオンラインで病院のデータベースに収納され、基礎疾患などの情報と合わせ投与する薬を提案する仕組み。米国やシンガポールでは既に遠隔診療サービスを展開しており、今後5年内に遠隔医療関連で全世界で100万人の利用を目指す。

2021.03.26

新卒採用 居住地問わず NTTコムウェア、テレワーク前提

IT企業の間で新卒採用時から居住地を問わずテレワークで働ける制度を導入する動きが広がっている。システム開発のNTTコムウェアは2022年度の新卒入社から地方採用を開始。レンタルサーバーのGMOペパボは1度も出社せず、在宅で勤務する仕組みを取り入れる。テレワークの普及で地方の理系学生が働きやすい環境を整えてエンジニア不足に対応する。

2021.03.26

富士ゼロックス、個室シェアオフィス3倍 関西・中部の大都市にも

富士ゼロックスは2022年3月末までに個室型シェアオフィスを200台超と現在の約3倍に増やす。1人用の仕事ブースに机や電源、モニターなどを備える。従来は首都圏の駅やオフィスビルのエントランスに設置してきたが、関西や中部の大都市にも設置する。新型コロナの影響でシェアオフィスの利用が拡大していることに対応する。

2021.03.26

エンカレッジ・テクノロジ、週休3日可能に 給与水準は維持

システム開発のエンカレッジ・テクノロジは4月から従業員が休日を柔軟に選べる制度を導入する。事前に上司の許可を得れば、業務の繁閑や育児・介護などの負担に応じて週休3日にすることも可能だ。毎月の所定労働時間は変えずに給与水準も維持する。ワークライフバランスを高めるとともに、優秀な人材の確保につなげる。

2021.03.25

空き家バンク大忙し テレワークで売買増 南房総、海魅力 移住呼ぶ/奥多摩、建物老朽「0円」

テレワークの普及で郊外への移住や2拠点生活に注目が集まるなか、「空き家バンク」を通じた売買が活況だ。コロナ禍による暮らし方の変化を受けて、首都圏自治体は移住者や関係人口を取り込もうと「空き家バンク」の活用強化に乗り出す。

2021.03.25

ウーバーで家電宅配 最短30分、エディオン提携

家電量販大手のエディオンは料理宅配のウーバーイーツジャパン(東京・港)と組み、家電や日用品の宅配を始める。USBメモリーなどパソコン関連品に加え焼き肉グリルなど調理家電約200点を店舗から最短30分で届ける。国内家電量販店がウーバーイーツと提携するのは初めて。

2021.03.25

青山財産ネットワークス、デジタル証券に参入

不動産コンサルティングの青山財産ネットワークスはデジタル証券事業に参入する。ブロックチェーン(分散型台帳)開発会社のハッシュダッシュホールディングス(HD、東京・千代田、林和人社長)に数億円を出資する。不動産を裏付け資産にしたデジタル証券を発行し、小口に投資したい個人投資家のニーズを取り込む。

ページトップへ