NEWS

2022.05.04

人事情報管理、「ジョブ型」に対応

プラスアルファ・コンサルティングは主力の人事情報管理システムについて、職務内容を明確にした「ジョブ型雇用」にも対応するように機能を改良する。職種やポジションごとに求められる資格や経験年数、スキルといった条件を各社員がどれだけ満たしているか点数化できるようにする。

2022.05.04

自分を支えるセルフコーチング ピープルエナジー代表 伊集院正

テレワーク、ジョブ型雇用、リスキリング(学び直し)と、ここ数年で働き手を取り巻く環境は大きく変わった。テレワークの拡大により、上司や先輩の背中を見て学ぶ機会が減った。ジョブ型雇用が浸透し、従来以上に専門性が求められている。リスキリングが叫ばれ、自分のキャリアは自ら主体的に考えることが推奨されている。

2022.05.04

格差解消へ分業変えよう 論説委員 辻本浩子

月34万円と、月25万円。
賃金構造基本統計調査による、男性と女性の所定内給与の平均だ。いずれもフルタイムで働いている場合の値だが、それでもこれだけの違いがある。

2022.05.03

揺らぐ人材立国(2)空洞化する卒業証書 学び直し、企業も学校も

若手の基礎学力が落ちているのではないか――。大手機械メーカーのクボタは技術系新入社員を対象に、機械設計の基礎である材料力学、疲労強度、材料・熱処理の3分野で「学び直し教育」を実施している。

2022.05.03

ギグワーカー、見えた実態 「雇用なき働き方」自ら選択多く 万能でない労働法の保護

既存の統計ではわからなかった「ギグワーカー」の実態がみえてきた。民間団体による料理宅配サービスの配達員を対象に実施した大規模調査の結果が公表された。結果を踏まえた的確なギグワーカー保護策が企業や政府に求められる。

2022.05.03

三井住友海上、車ローン審査ソフト開発 保険支払い履歴など分析 「ギグワーカー」借りやすく

三井住友海上火災保険は、単発で仕事を請け負う「ギグワーカー」のように収入が一定でない個人事業主が自動車ローンを利用しやすくなる審査ソフトを開発した。約150万人の自動車保険契約者の支払い履歴などを分析。滞納せず返済できる人の特徴を指数化して融資判断に使う。ローンを組めず車を購入できない人は推計で年約200万人いる。ローンの間口を広げて、多様化する働き方を後押しする。

2022.05.03

コニカミノルタ、30年に女性管理職5割 まず海外拠点で

コニカミノルタは女性の管理職比率を5割に高める。まず海外拠点の社員を対象に2030年までの達成を目指す。海外の社員約3万人の中から優秀な人材30人を選抜し、将来のリーダー候補も育成する。デジタル化など産業構造の変化で企業が変革を迫られるなか、多様な人材を管理職に据えることで、イノベーションを生みやすい組織にする。

2022.05.03

トヨタのサブスクEV、月8.8万円から

トヨタ自動車とグループのサブスクリプション(定額課金)サービスを手がけるKINTO(名古屋市、キント)は2日、トヨタ初の本格量産電気自動車(EV)「bZ4X」の利用料金を月額8万8220円からに決定したと発表した。契約時には申込金として77万円が必要。

2022.05.03

都、風水害避難行動計画 アプリで作成・利用簡単に

東京都は風水害の発生時にどのような避難行動をとるかを個人個人が事前に決めておく避難行動計画「マイ・タイムライン」を、スマートフォン上で簡単に作成・利用できるアプリの配信を始めた。身近に携行するスマホを活用し、冊子状のものに比べ手軽に作成できるようにしたという。

2022.05.02

360度映像、時差なく配信 リコー 今夏にも 工場など遠隔確認

リコーは360度カメラを使いリアルタイムでビデオ通話できるサービスを2022年夏にも始める。インターネット上で高画質の画像を最短0.2秒の時差(タイムラグ)でやり取りできる。独自のサーバー技術を使い、通常は1秒ほどかかる時差を縮めた。新型コロナウイルス禍でも遠隔で建設現場や工場などの状況を確認できるようにする。

2022.05.02

水の世界にデジタル化の波 熟練の技共有 新たな商機も

上下水道の運営や補修にデジタル技術を活用する動きが広がっています。熟練技術者の知見を共有し、エネルギーを節約しながら効率良く設備を動かし、地球温暖化に伴う水不足にも対応するのが狙いです。

2022.05.02

揺らぐ人材立国(1)「低学歴国」ニッポン 博士減、研究衰退30年 産学官で意識改革を

教育で人を育て国を立てる。日本の近代化と経済成長を支えた「人材立国」のモデルが揺らいでいる。成長に必要な人材の資質が変わったのに、改革を怠るうちに世界との差は開いた。教育の機能不全を招いた岩盤に迫る。

ページトップへ