NEWS

2024.05.09

トヨタ、65歳以上も再雇用 8月から、全職種で70歳まで

トヨタ自動車は65歳以上のシニア人材の再雇用を8月から拡大する。従来は65歳以上は例外的に再雇用していたが、全職種で70歳まで働ける制度を設ける。電気自動車(EV)シフトなどへの対応で生産・開発現場の専門人材が不足する中、シニア層に実務や若手の育成に携わってもらう狙い。
2024.05.09

新入社員4割が転職検討 「やりがい・意義感じず」 サービス登録最多、11年の30倍

新卒や入社数年の若手社員の早期退職が目立っている。新入社員の4割以上が転職を検討しているという調査もある。深刻な人手不足が続く中、有望な人材をつなぎ留められなければ企業経営は揺らぎかねない。企業は入社後に若手をきめ細かくフォローする体制を整え、抱える悩みや感じるギャップに対処する必要に迫られている。
2024.05.09

教員特別免許の授与促進、文科省指針 アスリートら積極採用

文部科学省は8日、アスリートら専門性の高い人材に「特別免許」を与えて教員採用する制度の新たな運用指針を都道府県教育委員会に通知した。教科全体に関する専門知識がなくても授与できることを明確化しており、文科省担当者は「積極的に活用してほしい」と話している。
2024.05.09

高齢者との対話にAI活用を 日本総合研究所エグゼクティブマネジャー 齊木大

日本は今後、単独世帯が急増する。高齢者世帯では2020年に35.2%だった単独世帯の割合が2050年には45.1%まで増える見通しだ。未婚者の割合も増えることから、普段から話す相手が少ない高齢者を前提としたサービスの見直しが必至である。自治体や医療・介護事業者などが行う住民向け業務は、その最たるものだ。いずれも人手不足が顕著な分野であり、記録作成を含めると訪問や面談は従事時間も長い。
2024.05.08

テレワークで育児支援 法案が衆院通過

仕事と育児・介護の両立を支援するための育児・介護休業法などの改正案が7日の衆院本会議で全会一致で可決され、衆院を通過した。小学校入学前の3歳以上の子どもを育てる親がテレワークや短時間勤務などを選べるよう企業に義務付ける。
2024.05.08

ローソン、アプリ開発者増 25年度200~300人 KDDI協業へ育成

ローソンは社長を含めた全社員をデジタル人材に育成する。2024年度中に本体の約4000人がIT(情報技術)の基礎研修を受け達成度を試験する。業務にかかわるアプリなどを開発した社員には特別報酬を出すなど報償制度を整えるほか、各部門に責任者を置いて組織としてもデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める。
2024.05.08

入院患者の急変を予測 横浜市大発の新興、医師向け医療アプリ

横浜市立大学発スタートアップのCROSS SYNC(クロスシンク、横浜市)は入院患者の容体の急変を予測し、医師らのスマートフォンに情報を送る医療機器プログラムの販売を始めた。心停止など急変のリスクが高い患者を見分けて、重点的に対応できる。医療現場の負担軽減や患者の後遺症を減らすことにつなげる。
2024.05.08

ファインディ、インドでIT開発支援 生産性高い組織へ

IT(情報技術)エンジニアの採用支援などを手掛けるファインディ(東京・品川)はインドに進出する。IT開発組織を分析する自社のクラウドシステムを活用し、現地で生産性の高い開発組織づくりを支援する。現地企業と連携してインド人材の雇用、税務や労務業務を代行するサービスも提供し、顧客企業の負担を軽減する。
2024.05.08

競争力に不可欠な多様な人材 ステート・ストリート信託銀行社長 寺田景子

日本国内の企業は、いまなお女性トップが少ない。ただ、私自身、女性だから特別苦労したという意識はあまりない。米系資産管理会社「ステート・ストリート信託銀行」で、性別ではなく、能力を引き出すことを大切にする上司に恵まれたからだ。
2024.05.07

「女性が活躍する会社」、資生堂が3年連続首位 管理職比率4割 日経ウーマン

日本経済新聞社グループの「日経ウーマノミクス・プロジェクト」と働く女性向け月刊誌「日経ウーマン」は「企業の女性活躍度調査」を実施し、2024年版「女性が活躍する会社ベスト100」をまとめた。女性リーダー育成塾を設けるなど管理職登用が進む資生堂が3年連続で1位だった。2位はりそなホールディングス、3位は東京海上日動火災保険だった。
2024.05.07

プラチナになれますか 働きがい×働きやすさ=最強

働き方改革関連法の施行から5年、残業時間の減少など日本企業の働きやすさは高まった。労働環境の改善は会社の成長にもつながっているのか。4月に掲載した連載企画「NEO-COMPANY」では働き方と業績の関連について分析した。キーワードは「プラチナ」だ。
2024.05.07

教育進化論・デジタルの大波(2) ビッグデータで「脱一律」 授業改善さらば経験頼み

英中部バーミンガムにあるバー・ビーコン校(中学高校に相当)の職員、ローラ・マクローリーさんは日々、多くのデータに向き合う。1500人に上る生徒のテスト結果や家庭の経済水準などを分析し、生徒の成績向上策を探るためだ。
ページトップへ