NEWS

2021.03.16

アプリ「素人」の私も作れた プログラム知識不要、最短数日で 子育てママや学生、コロナ禍の課題解決

プログラムの知識がなくてもスマートフォンなどのソフトウエアを開発できる技術「ノーコード」を使い、アプリやサービスを作る例が増えている。子育てママは飲食店の紹介、学生は大学の情報を提供するアプリを作った。コロナ禍に促された格好で、誰でもサービスを自作できる時代が訪れている。

2021.03.16

コロナ禍、経費7兆円減 テレワークで出張・交際費絞る 今期収益下支え

新型コロナウイルスによる働き方の変化が企業収益を下支えしている。上場企業の2021年3月期は対面での営業や会議、イベントが減り、出張費や交際費などの関連経費が前期比で約7兆円減る見通しだ。在宅勤務などはコロナ後も続くとみられる。これまで経費に充てていた資金をデジタル化や脱炭素などの経営課題解決に振り向ける企業も出てきている。

2021.03.16

ユニ・チャーム、新卒採用にAI 動画分析、対話能力を評価

ユニ・チャームは2022年4月入社の新卒採用で人工知能(AI)を活用する。応募者による自己PR動画をAIが分析し、対話能力などの評価を合否の参考にする。不合格となった学生に対しても、理由を伝えて今後の採用活動に役立ててもらう。同社には例年、数千人の学生らが応募する。AIシステムの導入で採用担当者の負担軽減につなげる。

2021.03.16

経済全体に「DX」を 柳川範之・東大教授

世界はデジタル化のスピードを一挙に速めている。それに呼応して、日本ではデジタルトランスフォーメーション(デジタル変革、DX)という言葉が強調されている。その際、企業内での変革の必要性が主張される場合が多い。

2021.03.16

(社説)社会人が学び直せる大学に

新型コロナウイルスの影響で仕事を失った人が9万人を超えた。新たな職業能力を身につけ、成長分野への就労を促す公的支援が急務である。

2021.03.16

ソニー社員を労災認定 18年、海外駐在中に過労死

ソニーの40代男性社員が2018年、駐在先のアラブ首長国連邦(UAE)で突然死したのは長時間労働が原因として、三田労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが15日、分かった。遺族代理人の尾林芳匡弁護士らが都内で記者会見し明らかにした。認定は今年2月26日付。

2021.03.16

自分らしさに価値 8割がフリー継続希望

経済産業省が2017年に発表した調査によれば、企業がフリーランスを活用する目的は「必要な技術・ノウハウや人材の補完」が43.6%で、「従業員の業務負担の軽減」(38.5%)や「売上高の増加」(28.2%)を上回る(複数回答)。

2021.03.15

DX部隊、過半がフリーランス SOMPO「業界脳」脱却 働き方innovation 多様性、生かせてますか(3)

正社員だけの同質的なチームからイノベーションは生まれない――。新事業にフリーランスの力を借りる企業が増えている。SOMPOホールディングスではデジタルトランスフォーメーション(DX)を担う部隊の過半がフリーランス。専門能力を持ち「業界の常識」に染まらない人材を取り込んで、社員との化学反応を起こす。

2021.03.15

ジョブ型人事、6割が「上司の評価力」に不安 テレワーク成功の勘所(29)

ジョブ型人事制度の課題は管理職の評価能力、仕事の「ポテンヒット」防止、ゼネラリスト育成の3つにある――。ビジネスパーソンを対象とした独自調査で、このような結果が出た。特に管理職の評価能力については、ビジネスパーソンの6割が不安視している。企業は働き方改革を進めるにあたって、これら「3大課題」に向き合っていく必要がありそうだ。

2021.03.15

保険会社にオフィス縮小の動き 輪番や小会議室で対応

保険会社の間でオフィス縮小に乗り出す動きが広がってきた。明治安田生命保険は2021年度以降、本社で働くスペースを3~4割程度削減する。あいおいニッセイ同和損害保険も本社部門の使用面積を半減する。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が広がり、都市部のオフィスには多くの空きが生じている。各社は輪番出社や他社への開放を検討するなど、オフィスの有効活用に知恵を絞っている。

2021.03.15

究極のリモートワーカー、宇宙飛行士の訓練に学べ

地球から約400キロメートル離れた場所にある国際宇宙ステーション(ISS)で働く宇宙飛行士たち。彼らは究極のリモートワーク環境であり、閉鎖空間における仕事のエキスパートだ。コロナ禍でテレワークが広がったが、思うように作業効率が上がらない人も多い。宇宙航空研究開発機構(JAXA)で宇宙飛行士の選抜試験や訓練に携わってきた山口孝夫さんにテレワークに生かせる仕事術を聞いた。

2021.03.15

「ワクチン休暇」経済界と調整検討 河野氏 現役世代向け接種や副作用時

河野太郎規制改革相は14日、新型コロナウイルスワクチンを接種したり、接種後に副作用が出たりした場合の休暇制度を検討する考えを示した。会社員ら現役世代の接種が始まる前に経済界と調整する方針だ。

ページトップへ