NEWS

2021.11.09

デジタル敗戦、人・速さで差 日本の「失われた20年」グーグルから探る 利用者目線貫く

世界の企業がデジタル対応を急ぐなかで、日本の足踏みが目立つ。アップルなど米IT(情報技術)大手5社の時価総額は東証1部の合計を上回る。差はどこでついたのか。日本企業にまだ勢いがあった2000年代、当時は新興企業だった米グーグルで働くことを選んだ日本人社員らへの取材から20年に及ぶ「デジタル敗戦」の要因を探った。

2021.11.09

ユニクロ、三井不ECに出店 店舗の在庫回転早く

ファーストリテイリングは8日、傘下のカジュアル衣料品店「ユニクロ」を三井不動産が運営する通販サイト「アンドモール」に出店した。国内で自社以外の電子商取引(EC)サイトに出店するのは初めてとなる。

2021.11.09

在宅型治験 遅れる日本 進まぬデジタル化、規制の壁も

薬の効果や安全性を確かめる臨床試験(治験)で、患者が入院や通院することなく参加する「在宅型」が海外で広がりつつある。オンライン診療やウエアラブル端末などを活用して患者の負担を大幅に減らし、薬の開発速度を速める。国内は立ち遅れているが、新型コロナウイルス禍のなか接触機会を減らし病床を使わずに済む方法として体制整備が急がれている。

2021.11.09

〈地域のチカラ 街のイノベーション〉北海道更別村 自動農機400台 東大も拠点 スマート農業、5Gで加速

東京大学が北海道更別村にサテライトキャンパスを新設した。人口3200人弱の同村は国家戦略特区「スーパーシティ」指定を北海道で唯一目指しており、ドローンの世界最大手も熱視線を注ぐ。稼働する自動走行のトラクターは400台以上。世界標準を視野に入れる日本のフロントランナーだ。

2021.11.08

新興勢「学び直し」けん引 デジタル人材確保 支える

新型コロナウイルス禍で経営環境の不透明感が増すなか、優秀な人材の獲得を求める企業の需要は高まっている。従業員のリスキリング(学び直し)により、デジタル化に対応できる専門人材を育成する機運も盛り上がってきた。こうした大手企業を中心とする人材確保や社員教育のニーズを、新興勢のオンライン学習講座や採用管理クラウドシステムといったサービスが支えている。売上高100億円以下の中堅企業「NEXT1000」を対象に有力企業を紹介する。

2021.11.08

働く人を組織から解放 ジョブ型雇用を恐れるな アジア開発銀行駐日代表 児玉治美

新卒一括採用や年功序列、終身雇用が特徴の「メンバーシップ型雇用」から、職務内容をベースとする「ジョブ型雇用」への転換に注目が集まっている。勤続年数や年齢に関係なく、スキルに応じて採用され給与が決まるジョブ型は、海外では古くから一般的だ。

2021.11.08

人事管理クラウドサービス プラスアルファ・コンサルティング 離職可能性の予測機能も

プラスアルファ・コンサルティング(PAコンサル)はクラウドで人事情報を管理するサービスを手掛ける。従業員の経歴や資格、上司の評価といったデータを蓄積。そこから人工知能(AI)がスキルや仕事への適性を解析し、プロジェクトの人員選抜や人事異動に役立てる。日報や面談を基に離職の可能性を予測する機能も備えている。

2021.11.08

「見る」より「やる」先決 無人決済で店舗の人手不足解消 TOUCH TO GO社長 阿久津智紀さん

コンビニエンスストアなどに無人決済システムを提供するTOUCH TO GO(タッチトゥゴー、TTG、東京・港)。社長の阿久津智紀さん(39)はJR東日本で小売事業を担当した経験をもとに同社を約2年半前に立ち上げた。IT(情報技術)で人手不足問題を解決し店舗の運営コストを下げる。

2021.11.08

結婚へ渡英、遠隔で管理職 日本と連携、出産も挑む

「最近悩み事はある?」。午前6時、英国の自宅で、医療・美容設備メーカーで広報室長を務める平岡三季さん(42)は日本にいる部下に呼びかけた。日本では午後3時、やりとりはオンラインでスムーズに進む。英国に渡って5カ月、こんな働き方にも少しずつ慣れてきた。

2021.11.08

大手でも第二新卒採用 人事の本音は

新型コロナウイルス禍で先が見通しにくい情勢の中ですが、新卒入社から約3年以内の若手社会人「第二新卒」で転職を検討する人が増えているようです。人気の大手企業による採用でも、新卒だけでなく第二新卒を対象に含む動きが広がってきています。その実態に迫りました。

2021.11.08

レノボ、副業人材募集 リモート前提、年齢幅広く

レノボ・ジャパン(東京・千代田)はリモートワークを前提とした副業人材を募集する。社外の優秀な人材に隙間時間を使って事業に参画してもらう狙いだ。第1弾として、シニア層を対象としたゲーム対戦競技のチームとの連携を決めた。新型コロナウイルス下で広がったリモートワークを活用し、外部の優れたアイデアを取り込む。

2021.11.07

半導体景気、埋もれる格差 台湾 労働者の4分の1近くは最低賃金で生活

半導体の巨人、台湾積体電路製造(TSMC)に代表される台湾のテクノロジー業界が活況を呈している。しかし、景気拡大を示す表面的な数字が、労働者の苦闘と格差の拡大という実態を覆い隠している。

ページトップへ